美白を目指すための化粧水のコツ

美白効果オススメ

Recommended whitening effect

美白を目指すための化粧水のコツ

多くの女性が望む美白。
そしてほとんどの女性が使用している化粧水。
春夏のシーズンはぜひ美白効果をプラスして使用したいもの。

もし、年中同じ化粧品を使用しているならば、
一度見直す必要があるかもしれない。
なぜなら、季節によって気温も湿度も紫外線量も変わる。
それに伴い体調も肌も変化し、肌に求めることも変わってくるだろう。
そんな変化に合わせて化粧品を選んでいきたい。

やはり保湿は重要

化粧水は不要なものを流し去った肌にたっぷりの潤いを与えるものだが、
この季節の強い紫外線は肌の乾燥にもつながるため、保湿の目的も忘れないこと。
美白を目指す女性なら、まず乾燥は大敵。
肌表面の細胞たちが乾いてめくれ上がると、そこから紫外線が侵入しやすくなってしまう。

また、細胞がめくれあがった状態の肌は表面積が広くなっていて、
その分刺激を受けやすくなっている。美白の敵とされるメラニンは、
そもそも肌を刺激から守る役割をもつ。
このメラニンが乾燥から起こる刺激で肌内部でどんどん増え、
しみなどの色トラブルにつながってしまう。
乾燥させないことが美白の第一歩となる理由はここにある。

肌は刺激に弱いもの

また、美白を目指す上手な化粧水の使用方法としては、
こすり付けない、すりこまない、たたかない、
つまり刺激を与えずにやさしく肌に浸透させること。
すべての刺激がメラニンを呼び起す原因となり得るためだ。

温めた手のひらで顔全体を包み込むように、じっくりと水分を与えること。
特に乾燥が気になるときは、一度しっかり化粧水が肌に入ったあと、
もう一度同量程度を同じように重ねてつけると潤いが増す。
また、肌との相性を見ながら、医薬部外品に指定される美白成分の入った化粧水を選ぶのも良い。

さらに美白美容液で栄養をあたえ、乳液やクリームで潤いを閉じ込めれば完璧だ。
潤いを与え、刺激を防ぎ、美白効果が期待できる栄養を化粧品や食事から肌に与える。
ちょっとしたことだが、高いお金をかけなくても
これらを継続すれば数年後には笑顔でいられるかも。

COPYRIGHT© 2013 美白効果オススメ ALL RIGHTS RESERVED.